プレスリリース

沖縄県うるま市で字幕制作人材育成事業を開始
字幕制作の拠点化への第一歩


  『流星花園~花より男子~』など華流ドラマの制作・配給をおこなう コミックリズ株式会社 (本社・東京都
中央区銀座 代表取締役社長 竹之内良和) は、沖縄県、うるま市、金武町、宜野座村などで構成する沖縄
県環金武湾地域雇用創造協議会 (代表・勝目和夫県観光商工部長) からの委託を受け、厚生労働省の
地域雇用創造推進事業を活用した字幕制作者養成セミナーを沖縄県うるま市で開講することを決定致しま
した。

  映像コンテンツ産業の中で字幕制作業務は、距離が障害とならない業務であり、沖縄の高い語学力を持
つ人材と優れた通信環境を活かすことで本土企業に十分対抗できる業務です。当社は、この人材育成事業
を通して県内に優秀な字幕制作者を生み出し、沖縄を日本における字幕制作の拠点とすることを地域貢献
事業として捉え推進致します。

  まずは、字幕制作業務の社会的意義とその魅力を紹介すべく、日本の字幕翻訳の第一人者である戸田
奈津子氏を迎えた旗揚げ記念フォーラムを2009年9月22日にうるま市民芸術劇場にて開催します。

  2009年10月より、英語・中国語・韓国語の3コース(定員各10名)を設け、3時間の各セミナーを計15回、
うるま市舞天館で開催します。講師は、県内外のプロの字幕制作者を招き、字幕制作における様々なルー
ルや基本的な心得のほか、字幕制作専用ソフトの実技や言語ごとの映像翻訳演習等を盛り込み、即戦力
になる人材の育成を目指します。

  セミナー終了後の受講者は、実技試験を受験し、一定の成績を収めた受講者には県内外の字幕関連
企業への就職支援を行うほか、当社での採用も予定しています。また、次年度以降は、外国語能力を必
要としない難聴者用字幕制作や映像編集者の育成講座の実施も検討しています。

[ お問合せはコチラ ]